QLOOKアクセス解析

。・**Kaleidoscope**・。

Design&release of FC2 template
0812345678910111213141516171819202122232425262728293010

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

引用文テスト

久々にテンプレ弄りしてるもんで、頭がこんがらがってますw

引用文のテストです。



 石炭は既に積み終わった。中等室のテーブルのまわりはたいそう静かで、白熱灯の光がまぶしいのも無駄である。今宵は夜ごとにここに集まってくるトランプ仲間もホテルに宿泊していて、船に残っているのは私一人であるから。五年前のことだったが、それまでの希望が叶って、洋行せよとの官命を受け、このサイゴンの港まで来た頃は、目に見るもの、耳に聞くもの、一つとして新しくないものはなく、筆に任せて書きつづった紀行文は日を追うごとに何千語にかなったであろう、当時の新聞に掲載されて、世の中の人にもてはやされたが、今日になって考えてみると、卑しい思想や、身の程知らない放言、そうでなくとも通常の動植物や岩石、果ては風俗などをさえ珍しそうに書いたものを、ものを知っている人はどのように見ただろう。今回、船路に就いたとき、日記を書いてみようと買ったノートもまだ白紙のままなのは、ドイツでものを学んでいた間に一種の厭世主義の性質を培ってしまったのだろうか……いやそうではない、これには別に訳があるのだ。
(森鴎外「舞姫」現代語訳:太田瑞穂)




[ 2013/08/30 14:56 ] 更新履歴 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。